日程:6月16日(木)〜7月5日(火) ブログ

2005.6.16 成田発○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
志津クラブの木本コーチが朝早くから見送りに来て下さいました。
トラブルもなく無事手続きも終わり順調な滑り出しです。
(霊のように写っているのは誰でしょう?)
 

 

  

 

 

 

 


2005.6.18

皆さんへ

こんばんわ。インドネシアからです。
毎日うねるような暑さの中、一日2回の練習と30分のフィットネスができています。昨日まではタクシーで会場とホテルを往復しており、初日から男子を乗せたタクシーが違うところへいってしまい、ようやく2時間後に会えるというハプニングもありましたが、皆よくなれない土地でがんばっています。

昨年と違い本当に不便なところで食事の点が一番大変ですが、毎日開拓しながら生きながらえています。

今日予選のサインで、全員予選に入ることができ、いよいよ明日からです。
また詳しい事や写真は後ほど本当にまだばたばたしてますので、間単に報告を!

では                                     YOSHI


2005.6.19 Thamrin Cup(Jakarta) 予選 月19-20日 本戦 20-26日

こんばんは。いよいよ予選が始まりました。一日目は男子が2試合、女子が1試合で二日目は男子が予選決勝で、女子は2 Rと決勝です。今回は本戦にストレートインの日本人選手がいないのでちょっと妙な感じがします。まずは気になる結果から…。

Thamrin Cup G4 Qulify

慎一郎 1 R ○ 6−4、6−1、2R ○  6−0,6−1 3R ○ 6−1、7−6

優太郎    ○ 7−5、6−0    × 1−6、2−6   

武蔵  ○ 6−2、7−5、   ○ 6−2、6−2    ○ 6−3、6−0

一真  ○ 6−3、6−0    ○ 6−0、6−0    ○ 6−2、4−6、6−4

綾子 1R ○  6−0、6−3 2R × 0−6、4−6

美香 1R ○  6−1、6−3    × 6(5)−7、6−3、3−6

玲伊 1R ×  4−6、4−6

以上が予選の結果です。見事男子3人が予選を勝ちあがり、明日の本戦入りを決めました。

女子は今回なかなかタフなドローとなり、いいところは見せたのですが勝ちにまでは結びつきませんでした。

他のアジアの選手も層が厚くなってきています。アジアの中での勢力図も変わりつつあります。またコーチとしてもしっかりまとめたものを皆様にお話したいと思います。明日は本戦の1Rです。がんばります。

                         YOSHI


2005.6.23 皆さんこんばんは。そちらの天気はどうですか?梅雨らしい天気が続いていますか?

連絡が遅くなりましたが男子の本戦の結果です!

シングルス

  武蔵 1R × 6−3、2−6、1−6

      慎一郎 1R × 1−6,1−6

      一真  1R ○ 6−1、6−2
 
          2R × 4−6、2−6 ←惜しい!
相手も香港の200位代の選手で強かったが、それ以上に一真が流れをつかんでいただけに 残念!いい試合でした。

ダブルス

   武蔵・ウイリアム(INA) 1R ○ 6−1、6−1
                  2R × 1−6、1−6
相手は第一シードでしたが、遅れを取ることなく堂々のプレー!外人との息も良かった。ITFポイントまであと少し!

    一真・慎一郎 1R  ○ 6−1、7−5 中国ペアーとの熱い試合!
             2R  ○ 6−1、6−4 

* カモーン!ITF2.5ポイントゲット。何せ一気にITFランカーが 2人増えました。 

一真は昨日のシングルスの悔しさを、そして慎一郎は初ITFの気負いを見せることなく、2人の息も合いサービスを全てキープ!危ないところを見せずベスト8進出。
おめでとう!

こちらはU16の女子です。

      玲伊 2R × 2−8 
美香が予選で敗退したインドネシアのITF800位の選手とでした。玲伊らしさが戻ってきて、いい形にはなってきていたのですが流れをつかみたい時に、一本が取れませんでした。しかしどう組み立てたらいいのかは、クリアーになってきたので2週目いい結果が期待できそうです。

      美香 2R ○ 8−1
          3R ○ 8−2
          QF × 3−6、6−3、3−6

しっかり 2週目に向けてのいいシュミレーションができました。本人も我慢のしどころがだいぶ体で理解してきており、もう一越えというところです。

皆それぞれの課題をしっかりこなしています。朝早くから夜遅くまでコートにいっぱなしですが、時間をうまく使って、トレーニング・他の選手の分析・洗濯等できています。

写真は届いてますか?ラインがスーパー遅いので少し心配です。
(残念ながら届いていません―管理人)

また他の国の情報や選手の情報などもレポートします。

では


2005.6.26 Pangdam Siliwangi Cup(Bandung) 予選 月26-27日 本戦 7月3-

Bandung から

こんばんわ。まずは一真・慎一郎のダブルスQFです。

vs インドネシアペアー(1) × 4−6、2−6

ファーストセットは、ブレーク合戦で始まり何とか先にリズムをつかみたかったのですが、今日は2人ともファーストサービスの確率が悪く、連続でテンポよくポイントが重ねられなく、混戦のまま相手がファーストセットをもぎ取りました。相手の一人はITFランクが88位で、ボールの打つタイミングが早く・ぎりぎりまでコースを変えることができるあたりはさすがです。少しでもポーチの動きが早いとストレートを抜かれたりとサービスゲームのテンポのよさは今ままでの相手とは違います。しかし一真たちもサービスが乗っていれば十分に勝つチャンスはあったのですが、その日はバッドラックです。これも経験ですね。全てをポジティブに変えてほしいいです。

6月25日(土) ジャカルタからバンドンにはチャーターしたバスで移動です。当初南アフリカのグループとシェアーする予定でしたが、彼らのスケジュールが変わったため、22,3人乗りのバスに我々だけとなりました。

他の国のグループもチャーターし、バスが4台連なってバンドンに向かいました。以前は高速道路がなく、10年前の話ですが、7時間近くかかり、山越えをするため皆気持ち悪くなった記憶があります。
しかし今回は渋滞はあったものの4時間で到着!無事にホテルチェックイン・予選のサインインを終えました。
今回予選にサインした人数がかなり多く、予々選が作られる形になりました。

予選26・27日(日・月)

一真 1R ○ 7−5、6−3 2R ○ 6−3、6−4 Final ○ 5−7、6−3、7−4

慎一郎 1R × 3−6、1−6

武蔵 1R ○ 6−2、6−1 2R ○ 6−3、6−1 Final ○ 6−1、7−6(8)

綾子 1R ○ 6−2−、6−1 2R ○ 6−2、6−2 Final ○ 6−4、6−2

玲伊 予々選 1R × 4−8

美香 1R × 7−6(4)、2−6、4−7

結果 一真・武蔵・綾子の3名が予選を上がりました。

一真は、相手がゆるいボールでコントロールの良い選手でかなりてこずりましたが、最後まであきらめず辛抱強いテニスで、マッチポイントはサーブアンドボレーを決めて Win!

武蔵は終始攻めの姿勢を崩さず、相手を圧倒する形になりました。ちょいと攻め急いで流れが悪くなる場面がありましたが、うまく相手を自分のペースに巻き込み2カンドセットのタイブレークもきっちり抑えWin!

綾子は今回一番のできでした。相手は韓国の選手でインドアの早いコートをうまく使ったテニスがはまり、要所でもいいサービスが決まり、全く危なげなくWin!合格のテニスです。

明日からは本戦とU16のサインです。

見事インターネットとがわがホテルの部屋に開通!高速なので今度こそ写真が遅れてると思うのですが…。(んん〜)


                                                YOSHI


2005.6.28 本戦一日目!

こんばんわ。今日28日は本戦シングルス一回戦が行われました。

運がいいことに、綾子は第一シードでITF100位の香港の選手。武蔵は第4シード、そして一真は第15シードの選手とでした。結果は

綾子 × 1−6、0−6

武蔵 × 2−6、0−6

一真 × 7−5、0−6、1−6

んー今日は厳しい一日でした。綾子と武蔵の相手は格の違いを見せ付けた形でした。

綾子の相手は先週優勝し、昨日移動してきたばかり。朝の練習を見ても早いインドアのコートにタイミングが合ってない様子でした。これはチャンスか …。しかしふたを開けてみたらビッグサーブにヘビーなボールで綾子に付け入る隙を与えませんでした。脱帽です。しかもまたまた運がいいことにダブルスも彼女との対戦です!
パートナーは台湾のライ・オンスーです。WCをもらうという変わった経験もしました。何でもやってみるものですね。

武蔵はいつもの姿勢を崩すことなく果敢に攻め続けました。しかしまだ大事なところでミスが出てゲームを重ねるまでにはいたりませんでした。しかし中3で2週連続で本戦に上がり、今後このステージで何が必要なのか体で感じられたことはとても大きかったと思います。明日のダブルスに期待です。パートナーは鈴木俊哉君です。

一真は相手がまたまたゆるいボールを使う相手でコートもよく引っかかりなかなか先週のようなリズムあるテニスが今週はできず我慢のテニスが続いています。ファーストも我慢し続け7−5.しかし開き直って自分のリズムで打つチャンスを逃し、逆に打てなくなった自分にはまってしまった感じでした。頭ではわかっていてもなかなか取り戻せないのがテニスの難しいところです。すごくテニスが良くなってきてるだけに、自分を最後まで信じてプレーしてほしいいです。明日のダブルスに期待です。パートナーは韓国のリー君です。

今日はバンドンの市長の邸宅でパーティーが行われ、楽しい時間を皆過ごしました。こういった社交の場というのも選手たちを一つ大きく成長させる場でもありますね。

それではまた明日も朝5時半おきなのでこれぐらいで、おやすみなさい。

                                           YOSHI


2005.6.30 こんばんわ。まずはダブルス本戦の結果です。

綾子・ライ(台湾) × 2−6、3−6

一真・リー(韓国) 1R ○ WO  2R × 2−6、2−6

武蔵・鈴木    1R ○ 6−1、7−6(4) 2R × 0−6、0−6

んー今週は残念ながらポイント獲得者はいませんでした。

U16の結果です。

美香 2R 8−3 3R 8−1 QF 4−6、6−0、6−2

玲伊 1R 8−1 2R 8−3 3R 8−1 QF WO

というわけで、明日はSFですがそれぞれ山が違うので、2人があたるとしたら決勝です。

今回いかに試合にテニスに集中していくために、ダブルスパートナー探し・練習コート・洗濯・食事様々なことを自分でして行くことを、そして勝ちたいと思えば思うほどいろんなことに気づけたと思います。

それでは。

                                        YOSHI


2005.7.2 こんばんわ。U16の試合がシングルス・ダブルス共に終了したのでお知らせします。

シングルス

SF  美香 ○ 6−2、7−6

    玲伊 ○ 6−2、7−6

F   美香 ○ vs 玲伊 6−2、6−1


ダブルス

QF ○ 6−4、6−4

SF ○ 4−6、6−4、7−5

F  ○ 7−5、6−0

このようにU16は日本が独占する形になりました。U18のほうも重藤・岩崎が優勝し、明日男子シングルス決勝に三橋淳君が残っています。U16の優勝はラケットで準優勝はサンダルと豪華な賞品でした。ポイントは取れなかったものの、十分な試合数とクロスマッチを何試合もできたことは、彼女たちにとってすごくプラスでした。1ポイントの取る大変さが良くわかってくれた一週間でした。

今日はスーパーモールに行って、皆ショッピングを楽しみました。もちろんコーチが一番。
明日は車二台でたぶん7時間ぐらいかけて、ジャカルタの空港に向かいます。
飛行機は予定通りで、7月4日のお昼に成田に着く予定です。
それでは日本でお会いしましょう。写真は日本に着いてからになってしまいます。すみません。
あっという間の2週間でしたが、無事に帰国できるよう最後まで気を抜かずに行きたいです。
ありがとうございました。
                                         YOSHI


2005.7.4 本日午前11時30分、無事帰ってきました。
想像していた程焼けてなく、意外でした。
女子はインドアでの試合だったそうで、納得です。
後日写真をアップさせてもらいます。

まずはお疲れ様でした。お迎えも、雨の中大変でした。こういう時は第2ターミナルの方がいいですね。
スナップ